港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

Lv.15 -U10A-

大輝です。

U10A 新チーム初めての大会

 

4年生8人+3年生3人

正直不安だらけだった初め。

それは、まだ新チームになってまともに練習も出来てなかったから。

でも、笑顔で元気な子供達に会うやいなや、そんな不安なんて吹っ飛んだ。

どんなファイトをするんだろうって、楽しみだった。

 

この学年ほど俺の目を見て真剣に話を聞いてくれる学年はいない。すごい信頼してくれてる気がするし、まるで仲良い兄弟のような不思議な感じ。だから、あまり怒ったこともないのかもしれない。

みんな仲良くていつも一生懸命やる学年。これからサッカーを教えて、サッカーを学んだら化けるという確信はある。

 

ただ、今はまだ発展途上。これから化けさせるために、沢山彼ら彼女らを助けたい。

 

B25C50FC-6374-4FC8-A1DF-4AE5DBDEB021.jpeg

大会の1試合目。

張り切って臨んだ1試合目。

前半は4点くらい取られたかな?

でも、何点取られても諦めずに戦う君たちを見て、涙が出そうになりました。

後半、少し修正を加えて、相手の陣地で沢山ボール持とう!っていうのをメインに伝えました。

そしたら、見事にチャンスを何回かだけど生むことが出来ました。

攻撃のことを口出したので、点取られても気にすんなよって。

0-8

こんなに感動した0-8はない。

 

2試合目。

0-19

正直、やる前から俺が見てて、強いなと思った。

さっき守備は上手くできたし、このチームになって、練習試合含めまだ点を取れていない。

攻撃のことを意識するように伝えた。

点はいくらでも取られていいと。言いました。だから、この点差は俺の責任です。

 

失点はポケモンで言う経験値だよ。ずっと勝てちゃったら戦う意味ないよね??戦って、経験値稼いで、レベルアップしようと。

その言葉を覚えててくれて、何点取られてもみんな笑顔でゴールに入れられたボールを拾って、失点を誰のせいにする訳でもなく、真ん中からチャレンジしてた。

 

サッカーって、上手い子は天狗になりやすい。周りに文句言って、ミスも失点も味方のせいにする。俺もサッカーやっててそうなった時期はあった。けど、仲間から嫌な印象持たれるし、最低なヤツだし。今の子供にも何人かはいる。

ただ、この学年。いない。

みんながみんな仲良くて、誰かのミスをみんなでカバーする。上手い下手とかあまり言いたくもないけど、頭一つ抜けてるレフティーも、ネガティブな事言っているのを聞いたことがない。

だから、実力はまだまだだけど、めちゃくちゃチームワークのある最高のチームです。

 

サッカーでは、相手からたまに(ハリー)と言われます。

早くしろって意味です。

ハリーって何??って選手から聞かれました。

ハリーって、早くしろって意味だけど、あいつら試合中に早くしろー!って言ってんだよ??何も言わずに勝った方がかっこいいよね。

っていったら、1人の選手が、ポッターーーー!!って言いました。

そうだ、ハリーって言われたら、ポッターって言い返してやれ!!

うん、わかった!!!

俺らの会話はいつもこんな感じです。(笑)

サッカーは楽しくやるもの

絶対これだけは忘れてはいけない。

 

3試合目、4試合目は自分は見れてないけど、話を聞く限りあの子達の100%は発揮できなかったみたい。

 

5試合目。

今日で大会最後だねーと伝えて送り出した。

自分たちで8点以上取られないって言う目標を立ててた。

試合始まって、うちの守護神がゴールキックを蹴ろうと、100%繋げる場所を探してる時に、笛がなった。

なぜか相手チームにフリーキックを与えようとした。

俺は、審判にあまり文句を言わないように心がけてる。子供達と一緒には戦うけど、お荷物にはなりたくない。審判も人間。文句を言われたら、ジャッジが偏ることもある。

ただ、我慢できなかった。

ルール違うよ!!!と声を荒げ、ベンチを出て4審のところへ行った。

そうすると、審判も主審と副審の間で審議してたけど、副審もルールをわかってなかった。

処罰はあるとしても、フリーキックじゃないから!!!!!

るーるわかってないなら、審判をやらないで欲しい。うちにとっては毎試合がレベルアップできる大事な試合。

その後、イエローカードがでた。

いやいや、お前注意した?早くやろうって。してないだろ。そもそもこのカテゴリーで、ラフプレーでもなく考えてプレーしようとしてるのに、イエローカード?

そもそもルールのわかってないお前はレッドカードだよ。

頭の中でそう思いながら、抑えた。

案の定キーパーの子は、イエローカード貰ったプレッシャーで、ずーっと泣きそうになって、途中でいつもの元気が無くなって、交代した。ずーっと下向いてた。

試合終了後、俺は審判に、ルール知ってますか?ルールがわかってないならやらないで下さい。と伝え、ゴールキーパーの子とも話した。

試合内容もすごく良かった。

前半は3点?で抑えて、みんなで頑張った。

後半少し足が止まって5点取られたけど、目標達成!!

負けるのは当たり前。サッカーだから。

こうやって、ひとつひとつクリアしていくと強くなるよ。

 

まっちゃんも書いてたけど、俺も同学年が3人でぼろまけしまくりでした。合同チームを組んだりとか。練習毎週一緒にできないから連携面はぐだぐだで、、

でも、中学、高校とかでは負けた経験を生かして強くなれた。

絶対強くなるよ。

 

試合終わって、俺が褒めていたら、

しんちゃん、みてたかなあ?って一人の女の子が話した。

泣きそうになった。ありがとう。考えてくれてて。

絶対見てるよ。って伝えた。

 

最後の試合の前

3BDCB71C-84A5-4726-98DE-D3E906DE6DEC.jpeg

いつもの作戦会議場所で作戦会議をした。

最後の試合は1位の相手とだった。

目標何にする?

レフティーファイターが、相手のコートでサッカーする!!と言った。

感動した。点を取るとかじゃなくて、結果でわからない目標。自分たちがやりながら感じれる目標。

最高じゃん!

俺も点を取ることに縛られすぎてたかもしれない。なんでかもすぐにわかった。ただ、この子達と一緒に喜びたいんだ。

相手コートでやると、ゴールまで近くなるからシュートも打てるよね。

よっしゃ!1発ぶちかましてこい!

点取られても、真ん中から始められるんだから、ゴールから近くなるから!失点もチャンスになるね!などと伝えて、他のコーチからのアドバイスもみんなワクワクしながら聞いてた。

1試合目カード貰ったあいつも、1試合で予定があるから帰ろうとしてた子も2試合目も戦うって決めて、試合が始まった。

前半。

言うことないくらいパーフェクト。

ベンチで、レン、ジンと逆サイドで佐々木コーチ、亀ちゃんと。みんな泣きそうになってたくらい。

1位の相手に、めちゃくちゃ前からプレスかけて、みんなめちゃくちゃ走って、バシっとシュートも打って。一人一人が150%出して。

だから、本当に相手のコートで試合をほとんどできたと思う。

前半終わって0-2

1位相手に攻撃重視で。

考えられなかった。

うちのサポーター(保護者)は凄い。

声出して応援してくれて、励ましてくれて。

みんなに聞こえてる?って聞いたら、しっかり聞こえてました。一人の子がこう言ってました。

すごいんだよ!港南台がボール持って攻めると、会場がうおーーー行けーーーってなるの!って。サッカー選手みたい!って。

ベンチでも、その声は聞こえました。

すごくありがたい声援です。これからも、選手とともにもっと声援をお願いします。(笑)

 

後半、5点かな?取られたけど、前半よりは足止まってたけど、みんなでカバーしあい、頑張って守りました。

0-7!

攻撃意識したのに最小失点じゃん!!

攻撃は最大の防御ってまさにこれか!!とか子供達に教えられながら、

 

試合終わって、みんなドヤ顔で帰ってきたね。(笑)負けたけど、勝った雰囲気でした。

 

この大会で、めちゃくちゃ成長したね。

客観的に見なくてもわかるほどの成長。

こっちも楽しかった。ありがとう。

 

俺らはまだこれから!!強くなるぞ!!!

 

 

試合終わったあと、雨が降ってきました。

やっぱり、森太郎も見てたんだね。

泣いちゃったんだね。

 

ここからゆっくり成長していくから!見てろよ!

 

  2019/05/09   サッカーコーチ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP