港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

MVPとルフィみたいな隠れMVP

2/24(日)U-12クラス

 

ロージャ・ドームFC

卒業記念大会

 

平戸永谷川遊水池広場

ADD00EC9-4EAA-4CB3-B502-C5FCB12ECA35.jpeg

※予選リーグ

 

YKFC ◯2-0

 

FCイーグルス ▲1-3

 

※順位トーナメント

 

ロージャ・ドームFC ◯2-1

 

結果  3位

DFB7BA4D-7050-48BB-B979-EA2BD99B057C.jpeg

 

いつもお世話になっているロージャさんの卒団杯。こうして毎年のように声をかけてもらえるのは本当に有難い事ですね。スタッフや選手が「今年も港南台呼ぼう」ってなってるわけだから。誰かに媚びるつもりはないけれど、結果的に求めてもらえるチームになれているのは嬉しい限りです。

 

この日はまさかのセンターライン2人が欠席。

 

 

↓チームキャプテンのユニをベンチに飾って戦いました。m(._.)m

A4B73459-3739-461A-B98C-F77232196D67.jpeg

 

うちのU-12、本当に仲間想いの選手が多いのです。そんな彼らの良いところを最大限に活用しようと思い、試合前日にキャプテンのユニを入手。彼らの奥底に眠る感情を引き出す事がこの日のゲームプランでもあったわけです。

7A716381-B48A-4678-AF13-9E6D54128036.jpeg

仲間想いが故に自己否定する選手とか、任せっきりになってしまう選手とか、素直になれなくて拗ねる選手とか、結構この良い部分がネガティブな影響を与えてしまう事もしばしばで。それくらい彼らはある意味大人で、人間らしい感情を持っている。

 

だから、試合前には「1人分だけやっときゃ良いか」じゃなくプラス2人分は最低限やらなきゃあかんぞ。と伝えた。「あいつの分まで!」と想う事で彼らの良さをポジティブに活かす絶好の機会になったのです。

A50D5313-F27A-47B0-B60F-30C9A2E9ED7E.jpeg

157B3140-EFCC-4B99-A297-B557F1F9EF7C.jpeg

そんな想いが伝わったのか、1試合目のYKFCさんとの試合で0-0の拮抗した状態を破ったのはTRMを含めても滅多に得点する事のなかった愛されキャラ。(この日のMVP)彼、6年生になってむちゃくちゃ成長した選手の1人。県大会の初戦でもビックリするようなポストプレーから先制点の起点になっていた。ちゃんとサッカーを理解している人から見れば素晴らしさがわかる玄人好みの選手。この日の先制点も、クロスに対してCB2枚の間に入り込みボレーでズドンッッ!

 

もしかしたら、彼の中では何となくそこに居たらボールが来たってだけかも知れないけれど、大事なのは考えているか考えていないかじゃなくて【匂い】を感じたかどうかだ。俗に言う嗅覚ってやつです。【無意識に何となくそこにいた】って事が素晴らしい。アグエロとかレバンドフスキとか、本当に嗅覚すげぇなと思う。だから彼がこの日のMVP。

FCBAD0F4-7B15-43FD-95E1-E830231737AE.jpeg

で、隠れMVPがもう1人。

 

最初にも言ったけれど、この日はCBのキャプテンとチームの心臓的な存在の選手が2人居なかった。「それなら俺がプラス2人分どころか全員分動いてやるよ!」くらい熱い熱い気持ちをこっそり胸にしまって戦う男前がいた。普段あまりやった事のない不慣れなポジションを文句ひとつ言わずに自分から選び、時には最終ラインからぐいぐいドリで仕掛けてゲームに色をつけたり、失点しても仲間を鼓舞したり。SBやっていたのに、試合の途中で「こりゃまずい」と思って仲間のためにCBにポジション変えたりもしてたかなぁ。

1FACAAF0-9B93-48E4-903B-DE2E2B0BB8B6.jpeg

とにかく彼の仲間を想う気持ちに胸が熱くなりました。きっと彼の頭の中には、試合に来たかったけど来れなかった選手の事がずっと残っていたのだと思う。普段はムードメーカーで仲間の事をイジったり自分が褒められても照れ臭くて素直に喜べずにヘラヘラしている奴なのに、こういう時には誰よりも早く仲間のために戦うスイッチが入る。

 

ルフィみたいな奴。

 

年明け早々の大会で自分が思ったようなプレーが出来ず僕に怒られるわ交代させられるわで悔し泣きしていた彼が、答えを見つけてその時の自分を超えた事が本当に嬉しくてまた胸が熱くなったりして。

 

良いチームになったなぁと改めて思う事が出来た大会なのでした。

F024EA76-A89C-4F41-8409-DB0EA31AC9B6.jpeg

後日、この日の順位決定戦の事を別のチームのスタッフと話していた時「4番と10番にやられましたー」と言われた。素直に嬉しかった。嬉しかったけれど、その4番と10番が絡んで奪った得点で3秒先を見て敢えて10番の足元にパスを入れた選手が1番すごいと僕は思う。そのパスを10番がDFを背負いながらスルーして超絶どフリーで駆け上がってきた4番がゴールに流し込んだのだけれど、最初にパスを出した彼からはゴールまでの景色がきっと見えていた。最初からフリーの4番にバレバレのパスを出してしまっていたらDFに喰いつかれて得点は生まれていなかったと思う。

BDD7062E-AC31-4800-A288-B2DA2CDBF2EE.jpeg

本人も「俺のアシスト良かったでしょ?!」って言ってたし。笑。

62D6DC7C-268E-4FFB-B983-CC9E90D7B00F.jpeg

ロージャの皆さん、対戦して頂いたチームの皆さんありがとうございました^_^

 

  2019/03/07   サッカーコーチ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP