港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

港南台SCの愉快な仲間たち~その②~

[ウッディレポート]

みなさんお待ちかね(?)のクラブの人物紹介第2弾です。(^_-)-☆

今回紹介するのは、港南台SCの重鎮「山P」です。

港南台SCの重鎮「山P」は第1回目で紹介した代表と同じ年代で、長きにわたりクラブを支えてきた方。

試合の審判や、大会本部対応の時は、本当に頼りになります。(`・ω・´)ゞ

 

そんな山Pに対して僕が初めに抱いた印象は…

 

「神出鬼没( ゚Д゚)!」

 

何故かというと、

①サッカーだけでなく、地域の野球チームの審判もやっている。

②小学校の入学式・卒業式では来賓として招かれている。

③夏祭りの時には、ほぼ毎年盆踊りの和太鼓を叩いている。

色々な場所で、思いがけなく遭遇する事が多い…。それが山P…。

なにがどうなって、そうなったんだ? (;・∀・)

DSC_0732-2880x1620.JPG

理由を聞くと、サッカーは自分の子どもが港南台SCに入っていたから、その流れで。

野球は、審判がいなくて困っていると知人から声をかけられて始めたとの事。

学校行事に招かれる理由は、学援隊という、子どもの登校時に、

道路に出て、危険な交差点で誘導・交通整理のボランティアをしているから。

祭りの和太鼓は………  ん~~~      趣味なんじゃね??。(よくわかりません(;^ω^))

 

山Pは各地区毎にある学援隊の中で、ある地区の学援隊に所属しているのだが、どうやらその地区の学援隊メンバーは山P1人らしいΣ(・ω・ノ)ノ!

「もうそれじゃ隊じゃないじゃん…(-ω-)」

とかいろんな思いが出てくるけど。

でもね、

子ども達のために、天候が悪い時も、寒くても毎日学援隊としての活動を続けていて、

港南台SCだけでなく、地域の人達に必要とされ、頼られているのは、本当にすごい!

自分が同じ事が出来るかというと、「きっと出来ないなあ…。」

でも、良い見本が目の前にいるのだから、少しでも近づけたらいいなぁと思う。

 

若じい、山Pと、頼りになる大きな柱に港南台SCは支えられているのはお分かり頂けたでしょうか?

だからと言って代表・重鎮だけに依存している港南台SCではない。

やる事はいろいろあるけど、コーチ達はできる範囲で無理せずにやっていて、チームワークも良い(^^)v

 

そんな港南台SCへの入部を考えられている方は、遠慮せずに体験にでも来ていただいて、

実際に若じい、山Pと遊んでみてはどうでしょうか。

既に入部している方でも、「自分もコーチとして関わりたい」という保護者の方は、大歓迎ですよ~~。

 

 

じゃあ、第3回は誰にどうしようかな………

 

 

 

 

 

「俺だぁ!」(ウソ♡)

  2018/10/07   チームスタッフ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP