港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい

【ウッディレポート】

9月9日 U10 国チビ 元石川小学校

まだ、残暑が厳しい中、大会がありました。

7チーム中2位に入れば、決勝トーナメントへ。

 

試合結果は、2試合行って、2勝。(1試合目6-1、2試合目4-3)

 

メトロポリタンでは悔しい思いをした選手達が、その思いをぶつけて頑張っていた。

みんな出場して、接戦を制して、成長できたんじゃないかな。

結果が良いときだけ、はしゃぐのはカッコ悪いな~なんて思いながらも、

顔はにやけちゃいますね。

1536580657583-1440x810.jpg

1536580700216-480x360.jpg

1536580532184-480x360.jpg

1536580543503-480x360.jpg

1536580565010-480x360.jpg

 

試合内容を細かく書きたいのですが、とても長くなるので、印象に残ったことを書きます。

 

2試合目のシーン。

港南台の選手が相手陣内でボールをキープし、ドリブルで相手を抜きにかかった時に、ボールが相手選手の手に当たった様に見えた。

そこでドリブルを仕掛けた港南台の選手は、手を挙げてハンドをアピール。(-ω-)/

でも審判の笛は吹かれていない。

まだプレーは続いている中で、その選手は一人プレーを止めてしまった。

その時、港南台のベンチから大声で

 

「続けろ!」

 

と声がかかった。

その声に反応して、プレーを再開する選手。

プレーに戻ってから、数秒後にその選手の目の前にボールがこぼれてきた。

そのボールを思い切りよくシュート。センターサークルを少し過ぎた敵陣内から放ったシュートは見事にゴール右上に決まった。

会場全体から「オオ‐‐‐‐」と歓声が上がるほどのビューティフルゴール。(^O^)/

このゴールでリードを奪ったから、選手は盛り上がっている。v( ̄Д ̄)v イエイ

 

そんな中、ベンチからはゴールを決めた選手に対して、

 

「笛が鳴っていないのに、自分の判断でプレーを止めるな。」

 

「続ければこういう風になるから」

 

と声をかけている。

ゴールを決めたのに、褒められていない。

だけど、

「凄いゴールだったし、リードできたから結果オーライ」

とはしないで、それまでの過程で大事な事は何かを判断し、

しっかりと伝えている光景は、”THE 港南台SC”って感じ(どんな感じやねん)

 

試合が終わってから、盛り上がっている選手もいれば、冷静な選手もいる。

みんなバラバラだけど、試合などの一つの事に向かうときに、全員で一点集中できればいい。

まだ試合は続くので、これからもガッツでいこう!

  2018/09/12   チームスタッフ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP