港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

カチカチあたまとスポンジあたま

4/22(日)U-12 FAリーグ

大黒ふ頭中央公園

 

第1節 KAZU SC(Y)

●0-5

 

第2節 FCゴール

○5-1

 

6月まで続く長いリーグ戦が

始まった。

 

大型トラックが行き交う大黒ふ頭。

グラウンドでこぼこ、高速の真下

だから雑音すごい。

ちょっと異次元でストリート感が

あって個人的には楽しかったけど…

 

JFAが毎年僕たちから捲き上げて

いるお金で、こういう主要大会の

ための整備されたグラウンドを作

ってくれることを切に願います。

 

まぁそれはさておき。

 

KAZUさんとの1試合目は、もう

完全なる「備え不足」。

戦うことに備える、味方がボール

ロストした時に備える、リスタート

に備える。これフットボーラー

として当たり前のこと。

「準備」じゃなくて、起こり得る

状況を自分で想像して「備える」。

 

これが出来ていないと、どうしていい

かわかりません状態に陥って結果的に

コーチの声や応援に来ている親の声を

求めてしまう。

 

案の定、他人に委ねながら声を待ち

ながら、「お前のミスは俺には関係

ないからねー」的な考え丸見えな試合

内容。

 

闘争心のかけらもないその姿に

ストレスを感じながら荷物置き場

に戻ると…

CE1992B1-6121-471E-BBCC-D76F01782964.jpeg

 

いや!!これが出来るならさっきの

試合はなんやねん!とイライラを忘

れてしまった。

 

たぶん大人に言われなくても自分

たちで考えて「荷物きれいに並べよう

ぜ~」ってなったんじゃなかろうか。

(違ったらショックだけど)

 

試合結果だけ見ればボコボコにされた

けど、この子たちは間違いなく昨日の

自分には勝っているなぁと思い、少し

アプローチの仕方を変えて挑んだFC

ゴールさんとの2試合目。

7A7DC198-ACE5-4BB3-8261-493267A1E256.jpeg

 

0-1で迎えたハーフタイムに自分たちで

フォーメーションを変え、戦い方を変え

、後半5点を奪っての逆転勝ち。春に

勝ったの久しぶりかも知れない。

 

この日1番感じたことは、僕たち指導者が

彼らに出来ることは限られているという

こと。子どもを子どもだと思っているのは

大人だけだということ。

 

解けてしまった靴ひもを親やコーチが

結んでしまったり、挨拶はちゃんとし

なさい!なんてナンセンスな言葉を浴

びせたり、自分の子どもが試合に出れ

ないのが可哀想だなんて選手にとって

屈辱的な言葉を言い放ってみたりって

話をこの年代ではよく耳にするけど。

 

それは結果的に何ひとつ選手のために

なっていない。

 

チャレンジとエラーを繰り返すから

人は成長するし、だからこそ成功がある。

「人と違うのが可哀想」「失敗して

恥ずかしい思いをしないように」なんて

そんなの大人のエゴでしょ。

 

そうやって敷かれたレールを歩いて

失敗をしないまま育った人間がどんな

大人になるのか、容易に想像できる。

 

あれこれ口出しするのは簡単だけど、

任せて見守ることだけが唯一僕たちに

出来ることなんじゃないかと思う。

 

そんな新チームの初戦でございました。

 

  2018/04/26   サッカーコーチ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP