港南台サッカークラブ

Jリーグ選手1名輩出!
次のJリーガーは君だ!
歴代大会記録:横浜市内大会優勝2回、準優勝3回
在籍者60名以上※2016年2月末現在

コーチ’s BLOG

人間だもの 〜U-12クラス ライフネットSCカップ〜

6/30(日)U-12クラス  ライフネットSCカップ 

 

@ライフネットスポーツパーク

 

vs 横浜かもめSC ▲0-4

 

vs 文庫FC ▲1-3

 

vs ライフネットSC ◯5-3

 

結果6位

CE40A666-576B-4CB2-9419-28719904695F.jpeg

なんでやねん!!な1日でした。

 

ここのところU-12クラスの選手達に何が必要なのか、何を求められているのかが少しわからなくなっていたこともあって黙って静観しようと決めて挑んだこの日。とは言え、ある程度のテーマとこの日Aチームに初めて帯同した5年生達の事だけには口を挟んで試合がスタート。

 

始まってみたらもう本当になんでやねん!と連呼したくなる光景ばかり。

 

プレス強めの相手に正面衝突したり、ヨッコラセでフットボール始めるから気付いた時には目の前に相手がいたり。普段と違う環境(芝のグラウンド)でいつもと同じような事をしようとして悪循環にハマり、お手上げ状態で無駄な負けを繰り返してしまった。

 

せめて「やべぇ!今日芝だぜ!ラッキー!!」くらい、ふざけ倒したテンションで楽しみ尽くすならまだしも、全員が一生懸命やっちゃって頭と心に隙間がゼロだったのは、普段の自分の関わり方に問題があったんじゃないかと思いかなり反省。

95238497-C3EC-457B-B75B-B916696DD432.jpeg

2試合目の前半で早くも我慢の限界を迎え結局いつも通りの展開になってしまった。

 

技術や知識や経験はアップデートして初めて意味があるもので、その積み重ねを無視して今の自分に満足なんかしてちゃ一生かかったって成長しない。

 

この日の問題点はまさにココで、今までの時間の上に今の自分が成り立っている事を忘れて自己満集団になってしまった。その結果、出来てた事が出来なくなって見えてたものが見えなくなった。それじゃあアカンやろ!と吠えまくった2試合目の後半からはやっとチームの姿が変わったけれど、そろそろ自分達で打開して欲しい…それがこの日のテーマでもあったし。

 

スケジュールの都合上、3試合目を見ずに会場を後にする事になってしまったので、敢えて彼らを挑発するような捨てゼリフを吐いて奮起に期待した結果…

 

0-3から前半のうちに3-3に追い付いて、後半に入り2点を追加して勝ち越しそのまま5-3で試合終了。居ない時に限ってめちゃくちゃ良い試合してるやん…。( ̄∇ ̄)

 

「あいつ今日もうるせーからグーの音も出ないくらい良い試合して黙らせてやるか!」くらいの事を思えちゃう関係性の方が絶対に良い。やれコーチだの監督だのって偉そうにしているよりも、言いたい事を言い合って文句だって不満だって言わせてあげられる環境を作ってあげないと。立場とか年齢とかそいつを取り巻く付属品で判断せずに、その言葉が本当に伝えて良い言葉なのか、相手を傷つける武器になっていないかの判断を自分ですれば良い。もちろん、これは僕らも同じでいつだって選手達に試されていると思う。だってサッカーコーチと選手である前に人間同士なんだから。

 

と、3試合目の結果を聞いて知らないうちに目線を上げさせる関係性を築いてしまっていた自分を心底呪いました…。

 

普段と違う環境やメンタリティーの時にこそ、普段通りの「習慣」が発揮出来なきゃ練習の意味がない。オーガナイズに問題ありでこれまた反省。

 

また長いトンネルの入り口に立ってしまった感が否めないけれど、それでも彼らが求めている事がわかっただけ良かったのかな。

 

みんなお疲れ様でした!

 

ライフネットSC前波さん、対戦して下さったチームの皆さんありがとうございました!

 

  2019/07/04   サッカーコーチ

copyright

2009. konandai SC All rights reserved.

▲TOP